メニュー

歯周病治療

歯周病は口腔内の細菌により、歯の周りの組織(顎の骨や歯肉)が破壊される病気です。

健康な方の歯は、歯槽骨と言われる骨にしっかり支えられており、食事において、硬い物でもしっかり噛んで噛み潰すことができます。

歯周病はこの歯を支えている歯槽骨が徐々に吸収していき、やがて歯が揺れてくることで、歯と歯茎の間に空間が生まれ、歯肉の奥の方までバイキンが入り炎症を起こす病気です。

自覚症状としては、「食事が噛めない」「歯の周りから膿が出てきて口臭がする」「歯が痛くて噛めない」ということが起こります。

歯を失う原因の半分以上はこの歯周病によるものと言われている恐ろしい病気です。

この病気の非常に恐ろしいところは、初期〜中期にかけては自覚症状がほとんど無いことです。

歯科医院で検査する歯周ポケット測定や、レントゲン写真での顎骨の形状などでなければわからないことが多いです。

無症状で、しかしゆっくり確実に進行していきます。

病状が進行してゆくと、歯茎の腫れ・出血、歯のぐらつきへと進行し、やがては歯を喪失する事に繋がります。

このような自覚症状が出てきた時には、病気で言う末期の状態ということが多く、抜歯せざるをえない場合が多々あります。

そうなる前に予防していくことが非常に重要です。

特に自覚症状がなくても、定期的な検診を受けられ、歯周組織の健康状態を確認・維持していく事が大事です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME